【立てよ薬剤師プロジェクト】私はなぜブログを書くのか

ご訪問ありがとうございます。 皆さんは「薬剤師のブログ」って聞いて頭に浮かぶものありますでしょうか?有名薬剤師さんが書かれているブログも多くありますし、最近はブロガー薬剤師も増えて来ているように思います。私もよく薬剤師のブログは読ませて頂い…

COPDの患者に対する吸入3剤併用 vs 2剤併用

ご訪問ありがとうございます。 今回は、COPD患者に対する3剤併用療法 vs 2剤併用療法の論文です。 グラクソスミスクラインのホームページには、次のようなページがありました。 https://jp.gsk.com/jp/media/press-releases/2018/20180521_trelegy-us-expans…

「だれも教えてくれなかった実践薬歴」を読んでみた

2018年9月3日。じほう社から、「だれも教えてくれなかった実践薬歴」が発売となりました。 https://www.amazon.co.jp/%E8%96%AC%E5%B1%80%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E8%96%AC%E5%AD%A6-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E9%9B%84%E4%B8%80%…

アルツハイマー型認知症に対する抑肝散

ご訪問ありがとうございます。 今回は、アルツハイマー型認知症に対する抑肝散の効果を調べたRCTの論文です。 参考文献 Randomized double-blind placebo-controlled multicenter trial of Yokukansan for neuropsychiatric symptoms in Alzheimer's disease…

虚血性脳卒中・TIA後のピオグリタゾン

ご訪問ありがとうございます。 今回は、虚血性脳卒中・TIA後のピオグリタゾンに関する論文です。 参考文献 Pioglitazone after Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26886418 PMID:26886418 研究デ…

PPIは認知機能に影響ありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回はPPIと認知症に関する論文です。 参考文献 Association of Proton Pump Inhibitors With Risk of Dementia: A Pharmacoepidemiological Claims Data Analysis. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=2688207…

ベンゾジアゼピン薬、Z-drugと股関節骨折

ご訪問ありがとうございます。 今回は、ベンゾジアゼピン薬、Z-drugと股関節骨折についてです。 参考文献 Benzodiazepines, Z-drugs and the risk of hip fracture: A systematic review and meta-analysis. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?te…

Z-drugで骨折・転倒・外傷は増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、Z-drugと骨折・転倒・外傷についてです。 参考文献 Z-drugs and risk for falls and fractures in older adults-a systematic review and meta-analysis. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=29077902 …

カルボシステインでCOPDの症状増悪を減らせますか?

ご訪問ありがとうございます。 わたくし、また一つ歳をとってしまいます。20歳過ぎてから早いです。 さて、そんなわけで(←どんなわけだよ!)今回は、COPD患者に対するカルボシステインの投与と症状の急性増悪についての論文です。 参考文献 Effect of carb…

アロマターゼ阻害薬で骨折リスクは増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、アロマターゼ阻害薬と骨量、骨折の関係についての論文です。 先日、骨密度の低下を指摘されて、整形外科からエルデカルシトールカプセル0.75㎍が追加になった症例がありました。併用薬を確認してみると、乳腺外科から…

ビスホスホネートの休薬について

ご訪問ありがとうございます。 今回は、3年以上服用した患者のビスホスホネート継続vs中断で骨折に差があるかを比較した研究です。アブストしか読めませんが・・・。 参考文献 Bisphosphonate Drug Holiday and Fracture Risk: A Population-Based Cohort St…

腰痛や変形性関節症に対してアセトアミノフェンはどの程度有効ですか?

ご訪問ありがとうございます。 ご無沙汰しております。しばらく更新をさぼってしましました、すみません・・・。(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 今回は、アセトアミノフェンの腰痛や変形性関節炎に対する効果を見た研究です。 参考文献 Efficacy and safety of par…

重篤な喘息患者に対するフルチカゾン+サルメテロール vs フルチカゾン単独

ご訪問ありがとうございます。 今回は、コントロール不良な気管支喘息患者に対する、フルチカゾン+サルメテロール vs フルチカゾン単独の比較をしたRCTを読んでみようと思います。 参考文献 Serious Asthma Events with Fluticasone plus Salmeterol versus…

脳卒中予防ではアスピリンにクロピドグレルを併用した方がいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回も、引き続きクロピドグレルの論文を読んでみました。 参考文献 Efficacy and safety of adding clopidogrel to aspirin on stroke prevention among high vascular risk patients: a meta-analysis of randomized control…

ラクナ梗塞患者では、アスピリンにクロピドグレルを併用した方がいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 ご無沙汰しております。 そして、あけましておめでとうございます(すでに明けて半月以上経ってしまいましたね・・・。) しばらく更新をさぼってしまいました( ;∀;) 今年1発目の記事は、ラクナ梗塞患者のアスピリン治療にクロ…

プラスグレルはクロピドグレルより心血管イベントを減らせますか?

ご訪問ありがとうございます。 さて、今年の更新はこれが最後になるかと思います。というのも、明日から実家に帰省するんですが、実家にはネット環境が無いので更新不可能かと・・・。 そんなこんなで、今年最後は、抗血小板薬のプラスグレルとクロピドグレ…

小児の急性気道感染症には、狭域スペクトルと広域スペクトルどちらの抗生物質がいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、先日JAMAに報告され、個人的に気になった論文です。 残念ながら、アブストしか読めずに詳細は不明です。 参考文献 Association of Broad- vs Narrow-Spectrum Antibiotics With Treatment Failure, Adverse Events, an…

風邪に抗菌薬は有効ですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、風邪に対する抗菌薬の安全性と有効性を検討した研究です。 この論文の存在は知っていたのですが、改めて自分でも読んでみました。 参考文献 Risks and benefits associated with antibiotic use for acute respiratory…

デノスマブで椎体骨折はどれぐらい防ぐことが出来ますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、調剤薬局ではあまり関わることが無いかもしれないですが、担当している在宅施設で使用されている患者さんがいらっしゃる、デノスマブと骨折についての論文です。 参考文献 Denosumab for prevention of fractures in p…

β遮断薬で心不全患者の突然死を防げますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は心不全患者に対するβ遮断薬の効果を見たメタ分析です。 参考文献 β-Blockers for the prevention of sudden cardiac death in heart failure patients: a meta-analysis of randomized controlled trials. リンク https:…

転倒リスクのある薬(FRIDs)は股関節骨折を増やしますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、転倒リスクのある薬(FRIDs:fall risk-increasing drugs )と、股関節骨折リスクに関する論文です。 参考文献 Is use of fall risk-increasing drugs in an elderly population associated with an increased risk of…

日本人におけるリバーロキサバン vs ワルファリン

ご訪問ありがとうございます。 前回の記事に続けて、J-ROCKET AF試験読んでみました。 参考文献 Rivaroxaban vs. warfarin in Japanese patients with atrial fibrillation – the J-ROCKET AF study –. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22664783…

心房細動患者に対するリバーロキサバンvsワルファリン

ご訪問ありがとうございます。 今回は、リバーロキサバンとワルファリンの比較です。ROCKET AF試験ってやつですね。 参考文献 Rivaroxaban versus warfarin in nonvalvular atrial fibrillation. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=21830957…

DOACはワルファリンより死亡を減らせますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、DOAC vs ワルファリンの死亡についてのメタ分析を見つけたので、読んでみました。 参考文献 Comparing mortality in patients with atrial fibrillation who are receiving a direct-acting oral anticoagulant or war…

喘息のコントロールにフルチカゾン+ビランテロールはどうですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、喘息患者に対するフルチカゾンフランカルボン酸+ビランテロールの効果に関する論文です。残念ながらアブストラクトしか読めない論文です。 参考文献 Effectiveness of fluticasone furoate plus vilanterol on asthma …

心筋梗塞後の少量n‐3系脂肪酸で心血管イベントは減らせますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、心筋梗塞後の患者に対するn-3系脂肪酸の、心血管イベント抑制効果に関する論文です。 参考文献 n-3 fatty acids and cardiovascular events after myocardial infarction. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed…

NSAIDごとに心不全リスクは異なりますか?

ご訪問ありがとうございます。 今日は、11月11日です。そう、ポッキー&プリッツの日ですね。 皆さんはポッキーまたはプリッツを食べるのでしょうか? さて、そんなことは全く関係ないですが、今回は、NSAIDごとの心不全リスクを調べた研究です。 参考文献 N…

血糖値は厳格にコントロールするべきですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、血糖値をしっかり下げるべきなのか検討したメタ分析の論文です。 参考文献 Effect of intensive glucose lowering treatment on all cause mortality, cardiovascular death, and microvascular events in type 2 diab…

インスリン デテミルやインスリン グラルギンはNPH製剤に比べ総死亡は少ないですか?

ご訪問ありがとうございます。 あっという間に11月に入り、今年も残る所2か月を切ってしまいましたね。 最近は疲れ気味なのと、朝も寒いので、なかなか布団から出られない毎日を送っています(´-ω-`) さて、今回は基礎インスリンどうしの死亡を比較した論文で…

インスリン デグルデクとインスリン グラルギンで心血管イベント発生に違いがありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、持効型インスリン製剤であるインスリン デグルデクとインスリン グラルギンでの心血管イベントの発生を比較した論文です。 申し訳ないのですが、フリーでは読めない論文となっております(´・ω・`) 参考文献 Efficacy an…