読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COPD患者へのICS使用で肺炎リスクは増えますか?

ご訪問ありがとうございます。

 

今回は、ICS(吸入ステロイド薬)を使用した場合、肺炎の発症リスクを検討したコホート研究についてです。

 

参考文献  Inhaled Corticosteroids Increase the Risk of Pneumonia in Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease:A Nationwide Cohort Study

リンク   https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26496284

 

PMID 26496284

 

研究デザインコホート研究

 

論文のPECO

P:過去1年以内に急性増悪を経験したCOPD患者

E:ICS使用時

C:ICS使用前及び中断後

O:肺炎の発症

COPDコホート:1年以内に2回以上急性増悪を経験、もしくは入院を要する急性増悪を経験したCOPD患者が対象

※ICSコホートCOPDコホートに含まれた患者のうち、30日以上の中断無く360日以上ICSを使用している患者が対象

 

研究対象集団の代表性

台湾の国民健康保険データベースが用いられており、大きな問題は無いと思われる

 

真のアウトカムか?

→真のアウトカム

 

調節した交絡因子は何か?マッチングされているか?

→不明

 

追跡期間

5.6±3.0年

 

結果

COPDコホート

肺炎の進行

ステロイドの使用 HR=1.06(95%CI:1.02-1.11)p=0.005

 

経口ステロイド服用 HR=1.21(95%CI:1.18-1.24)p<0.001

 

男性 HR=1.17(95%CI:1.08-1.28)p<0.001

 

糖尿病 HR=1.36(95%CI:1.25-1.48)p<0.001

 

悪性腫瘍 HR=1.46(95%CI:1.25-1.71)p<0.001

 

低収入 HR=1.42(95%CI:1.12-1.78)p<0.001

 

ベースラインの肺炎 HR=1.87(95%CI:1.70-2.06)p<0.001

 

(ICSコホート

肺炎の発症

ICS使用前 0.10/人年

 

ICS使用中 0.21/人年

 

ICS中止後 0.22/人年

 

COPDの急性増悪

ICS使用前 1.51/人年

 

ICS使用中 1.22/人年

 

ICS中止後 0.98/人年

 

感想

 マッチングがされているのかよく分からず・・・。ICSコホートに関しては、自己コントロールみたいになっているのだろうか?ICSが肺炎の発症に対してどの程度の影響か、この研究だけでは何とも言いにくいところではあるが、少なくともICS使用で多少は肺炎リスクに影響する可能性はあるのかもしれない。

 COPDの急性増悪に関しては、ICS使用により抑制出来る可能性も示唆されており、リスクとベネフィットのバランスを考える必要がある。ただ、COPDに対してICSはそこまで効果が期待できないと言われている。

 あくまでコホート研究のデータの1つからの仮説ではあるが、もしかすると糖尿病などを併発している患者では、ICS使用で肺炎リスクがより上昇するかもしれない。この辺りは、他にも論文があるかもしれないので探してみる。

 

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。