読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経口グルココルチコイドは心血管・脳血管イベント発生に影響しますか?

ご訪問ありがとうございます。

 

またまた、経口ステロイドについての論文です。

 

今回は、コホート内症例対象研究の論文を読んでみました。

 

参考文献  Use of oral glucocorticoids and risk of cardiovascular and cerebrovascular disease in a population based case-control study.

リンク   https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=15253953

 

PMID:15253953

 

研究デザイン:一般人口対象コホート内症例対象研究

 

論文のPECO

P:UKの一般診療データベースに登録された50歳以上の患者

(症例)虚血性心疾患・虚血性脳卒中心不全患者

  (対象)症例と性別、年齢、一般治療、基礎疾患、登録日でマッチング(1:1)した患者

E:グルココルチコイドの服用あり50656名

C:グルココルチコイドの服用無し50656名

O:心血管イベント発症、脳血管イベント発症

 

 

研究対象集団の代表性

→UKの一般診療情報データベースが用いられており問題は無いかと思われる

 

真のアウトカムか?

→真のアウトカム

 

曝露の定義

current use:発症日の3カ月前以内のグルココルチコイド処方

recent use:発症日の3カ月以上前、1年前以内のグルココルチコイド処方

past use:発症日1年以上前のグルココルチコイド処方

※グルココルチコイド服用量は、プレドニゾロン等量に換算されている

 

調節した交絡因子は何か?

→NSAIDs、ホルモン補充療法、降圧薬、硝酸薬、経口抗凝固薬、抗血小板薬、糖尿病治療薬、気管支拡張薬、クロモグリク酸、経口グルココルチコイド、DMARD、喫煙、BMI

 

 

結果

※%は、それぞれCase全体・Control全体に占める患者の割合

 

★心血管イベント・脳血管イベントの発症(全体)

Case:30.3% vs Control:26.4%   調整OR=1.25(95%CI:1.21~1.29

 

★服用時点ごとの心血管イベント・脳血管イベントの発症

Current use

Case:16.1% vs Control:11.9%   調整OR=1.48(95%CI:1.41~1.54)

Recent use

Case:6.9% vs Control:7.3%   調整OR=1.03(95%CI:0.98~1.09)

Past use

Case:7.3% vs Control:7.3%   調整OR=1.08(95%CI:1.02~1.14)

 

★Current useの1日当たりの服用量ごとの心血管イベント・脳血管イベントの発症

<7.5mg/day

Case:4.5% vs Control:3.4%   調整OR=1.44(95%CI:1.34~1.55)

7.5~20mg

Case:4.1% vs Control:3.3%   調整OR=1.30(95%CI:1.21~1.40)

>20mg

Case:5.3% vs Control:3.5%   調整OR=1.63(95%CI:1.52~1.75)

 

★累積服用量ごとの心血管イベント・脳血管イベントの発症

<500mg

Case:4.4% vs Control:3.2%   調整OR=1.61(95%CI:1.38~1.88)

500~1810mg

Case:4.7% vs Control:3.7%   調整OR=1.34(95%CI:1.16~1.54)

1810~5418mg

Case:4.6% vs Control:3.8%   調整OR=1.19(95%CI:1.03~1.37)

>5418mg

Case:4.6% vs Control:3.0%   調整OR=1.56(95%CI:1.35~1.80)

 

★発生イベントごとの調整OR

・虚血性心疾患

Case:25.6% vs Control:24.0%   調整OR=1.09(95%CI:1.03~1.15)

 

Current use

Case:12.1% vs Control:20.2%   調整OR=1.20(95%CI:1.11~1.29)

Recent use

Case:6.3% vs Control:6.9%   調整OR=0.93(95%CI:0.85~1.02)

Past use

Case:7.2% vs Control:6.9%   調整OR=1.07(95%CI:0.98~1.17)

 

心不全

Case:44.4% vs Control:33.1%   調整OR=1.91(95%CI:1.79~2.87)

 

Current use

Case:27.9% vs Control:15.3%   調整OR=2.66(95%CI:2.46~2.87)

Recent use

Case:9.0% vs Control:9.1%   調整OR=1.40(95%CI:1.27~1.55)

Past use

Case:7.5% vs Control:8.6%   調整OR=1.19(95%CI:1.08~1.32)

 

脳卒中/TIA

Case:23.4% vs Control:23.6%   調整OR=0.95(95%CI:0.89~1.01)

 

Current use

Case:10.5% vs Control:10.8%   調整OR=0.91(95%CI:0.84~0.99)

Recent use

Case:5.7% vs Control:6.1%   調整OR=0.89(95%CI:0.80~0.99)

Past use

Case:7.3% vs Control:6.7%   調整OR=1.06(95%CI:0.96~1.17)

 

感想

心血管・脳血管イベント発生の調整ORは1.25と、ややグルココルチコイド服用群でのリスク上昇する可能性が示唆される結果である。あくまで観察研究であり、1日当たりの服用量、累積服用量との相関性があるかというのは微妙だが、全体を通してグルココルチコイド服用と心血管・脳血管イベント発生の関連性はありそうかなという印象である。

 発生イベントごとに見てみると、脳血管系よりも心血管系のイベントとの相関が高そうで、特に心不全には影響がありそうな感じがする。やはり、グルココルチコイド服用中は少なくとも心不全などの前兆が見られていないか注意する必要がありそうだと感じた。

 

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。