ベザフィブラートは心筋梗塞・安定狭心症患者の2次予防に効果がありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、心筋梗塞・安定狭心症既往の患者へのベザフィブラートの2次予防効果を検討した、BIP Studyの論文を読んでみました。 参考文献 Secondary prevention by raising HDL cholesterol and reducing triglycerides in patien…

12/29(木)熊本温泉抄読会配信のご案内

ご訪問ありがとうございます。 12/29(木)の21時頃(多少遅れる可能性あり)より、熊本温泉抄読会のツイキャス配信を行います。 熊本の山鹿温泉にて、温泉に入った後、宴会のついでに論文を読んでみようという事で、いつもの居酒屋抄読会のように気軽な気持…

高血圧高齢者の脳卒中予防に降圧剤使用はどれぐらい効果がありますか?(SHEP研究)

ご訪問ありがとうございます。 先日、薬ゼミ主催の薬剤師生涯学習講座「みんなで考えるポリファーマシー」に参加してきました。 非常にありがたいことに、その中で論文を何本も紹介して頂きました。 ご紹介頂いた論文は可能な限りメモしたので、自分がまだ読…

シロスタゾールをドネペジルに併用すると認知機能低下の抑制効果は高まりますか?

ご訪問ありがとうございます。 先日の往診同行の際に、ある施設入居者様が継続して服用されていたアスピリン腸溶錠を、シロスタゾール錠に変更するという事例がありました。 そのドクターが、帰り際に「シロスタゾールには、アルツハイマーを防ぐ効果がある…

ACS後の患者さんは、スタチンにエゼチミブを併用した方がいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、以前から気になっていたエゼチミブの論文を1本読んでみました。 参考文献 Ezetimibe Added to Statin Therapy after Acute Coronary Syndromes. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=26039521 PMID:260…

過活動膀胱に対するオキシブチニン貼付剤 vs プロピベリン vs プラセボ

ご訪問ありがとうございます。 昨日、オキシブチニン貼付剤の効果がなかなか実感できないとおっしゃる患者さんがおられたので、オキシブチニン貼付剤の効果を検討したRCTを読んでみました。 プラセボとの比較は優越性試験、プロピベリン内服との比較は非劣勢…

第2世代統合失調症治療薬で肺炎リスクは増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、第2世代統合失調症治療薬と入院を要する肺炎発症の関連を検討した研究です。 参考文献 Second-Generation Antipsychotic Medications and Risk of Pneumonia in Schizophrenia リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pu…

医療従事者は、茶カテキン・テアニンでインフルエンザ予防出来ますか?

ご訪問ありがとうございます。 以前、お茶うがいとインフルエンザ予防効果について書きましたが、今回はお茶の成分服用とインフルエンザについてです。 参考文献 Effects of green tea catechins and theanine on preventing influenza infection among heal…

【続】ドンペリドンと心臓突然死に因果関係はありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回も、前回に引き続きドンペリドン服用と心臓突然死の関連についてです。 参考文献 Risk of Out-of-Hospital Sudden Cardiac Death in Users of Domperidone, Proton Pump Inhibitors, or Metoclopramide: A Population-Base…

ドンペリドン服用と心臓突然死に因果関係はありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、ドンペリドン服用と、心臓突然死に因果関係があるかを検討した観察研究の論文(アブストのみ)を2つ読んでみました。 ☆論文その1 参考文献 Risk of serious ventricular arrhythmia and sudden cardiac death in a cohor…

学生(高校生)は水道水うがいに比べて、緑茶うがいでインフルエンザを予防できますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、緑茶うがいとインフルエンザ発症についてです。 参考文献 Effects of green tea gargling on the prevention of influenza infection in high school students: a randomized controlled study. リンク https://www.nc…

水、ポビドンヨードによるうがいで上気道感染は予防できますか?

ご訪問ありがとうございます。 先ほど、あるSNSにて、にわかに「うがい」について盛り上がっていたので、少しうがいについて調べてみました。 参考文献 Prevention of Upper Respiratory Tract Infections by Gargling リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/…

スタチンの使用は、うつ病の発症に影響を与えますか?

ご訪問ありがとうございます。 アトルバスタチン服用中のうつ病患者さんの処方から、ある日突然アトルバスタチンの処方が無くなった症例を経験しました。 よく患者さんの話を聞いていると、「コレステロールの薬はうつ病には良くないって先生が言ってたよ~…

小児のインフルエンザには、オセルタミビルとラニナミビルで違いがありますか?

ご訪問ありがとうございます。 引き続きインフルエンザ関連の論文になります。 今回は、オセルタミビル vs ラニナミビルの効果を比較した論文になります。 参考文献 Long-acting neuraminidase inhibitor laninamivir octanoate (CS-8958) versus oseltamivi…

ラニナミビルのインフルエンザ予防効果はどの程度?

ご訪問ありがとうございます。 昨日に引き続きインフルエンザ関連という事で。 今回は、ラニナミビルのインフルエンザ予防効果についてのプラセボ比較RCTです。 参考文献 Laninamivir octanoate for post-exposure prophylaxis of influenza in household co…

小児に対するノイラミニダーゼ阻害剤はインフルエンザ治療・予防にどれぐらい有効?

ご訪問ありがとうございます。 そろそろ流行の季節になってきましたが、インフルエンザの治療薬について調べています。隣の市では、すでに1か月ぐらい前から出てきているという話も聞きます。 インフルエンザ治療薬の第1弾は、オセルタミビル・ザナミビルの…

5αレダクターゼ阻害剤で骨折は増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、5αレダクターゼ阻害剤服用と骨折リスクに関して研究した症例対象研究です。 5αレダクターゼ阻害剤により、テストステロン→ジヒドロテストステロン(テストステロンより作用が強く、前立腺肥大などに関与)の経路が阻害さ…

α遮断薬の使用で股関節・大腿骨骨折のリスクは増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、前回の記事に関連してα遮断薬使用と股間節・大腿骨骨折の関連について検討した症例対象研究の論文です。 やや古い文献ですが、重要な報告だと思ったので読んでみることにしました。 参考文献 Use of a-blockers and th…

前立腺選択的αブロッカーで転倒や骨折は増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、タムスロシンなどの前立腺肥大症で用いる、前立腺選択的αブロッカーで転倒・骨折は増えるか検討したコホート研究です。 参考文献 The risk of fall and fracture with the initiation of a prostate-selective α antag…

ゾルピデム服用で緑内障のリスクは増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、ゾルピデム服用と緑内障の新規診断の関連を研究した論文です。 参考文献 Association between zolpidem use and glaucoma risk: a Taiwanese population-based case-control study. リンク http://www.ncbi.nlm.nih.go…

NSAIDによる胃潰瘍予防には、レバミピドとミソプロストールのどちらが有効ですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、NSAIDに併用する胃薬で胃潰瘍発生率は変わるか比較したRCTです。 具体的には、レバミピドとミソプロストールを比較しています。 いずれもプロスタグランジンが関与してくる、防御因子増強剤ですが果たしてどうなんでし…

低用量アスピリンの消化管障害予防にはPPIとH2ブロッカーで違いがありますか?

ご訪問ありがとうございます。 昨日無事に、社内の喘息・COPD・インフルエンザの勉強会講義も終了しました。 久しぶりに、喘息・COPD関連以外の論文に触れた気がします(^^)/ 今回は、低用量アスピリン治療に対して併用する胃薬は、PPIとH2ブロッカーで、アス…

補中益気湯で癌関連疲労は抑えられますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、つい先ほど配信されたJJCLIPで取り上げられた論文です。 補中益気湯で癌関連疲労は抑えられるのか?むむむ、VASスケールとかは解釈難しいですが、復習の意味も込めてまとめておきます。 参考文献 Bojungikki-tang for …

COPD患者へのICS使用で肺炎リスクは増えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、ICS(吸入ステロイド薬)を使用した場合、肺炎の発症リスクを検討したコホート研究についてです。 参考文献 Inhaled Corticosteroids Increase the Risk of Pneumonia in Patients With Chronic Obstructive Pulmonary D…

COPD症状増悪予防へはインダカテロール/グリコピロニウムvsサルメテロール/フルチカゾンどちらがいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 諸事情により、しばらく更新が滞ってしまいました(´・ω・`) 来週土曜日に社内にて気管支喘息・COPD・インフルエンザの勉強会の講師を行う都合上、資料作成をしているのですが、その中で見つけた論文を読んでみました。 新しい…

COPD患者はチオトロピウム吸入で症状の悪化を防げますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、チオトロピウム吸入使用により、COPDの症状悪化が防げるかを取り扱ったメタ分析の論文です。 参考文献 Tiotropium versus placebo for chronic obstructive pulmonary disease.リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pu…

アジスロマイシン、レボフロキサシンを使うと不整脈や死亡リスクは高まりますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、アジスロマイシン、レボフロキサシンの服用と死亡・重篤な不整脈の発生リスクについてです。 参考文献 Azithromycin and levofloxacin use and increased risk of cardiac arrhythmia and death. リンク https://www.n…

急性化膿性鼻炎に抗生剤は有効ですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、急性化膿性鼻炎に対して抗生剤は効果があるのか?についてのメタ分析です。 参考文献 Are antibiotics effective for acute purulent rhinitis? Systematic review and meta-analysis of placebo controlled randomise…

アトピーの乳幼児にプランルカストを服用させると喘鳴は減らせますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、アトピーの乳幼児に対するプランルカストの投与についてです。 参考文献 Intermittent and episode-driven use of pranlukast to reduce the frequency of wheezing in atopic children: a randomized, double-blind, …

細菌性前立腺炎に対するレボフロキサシンvsシプロフロキサシン

ご訪問ありがとうございます。 今回は、細菌性前立腺炎に対するニューキノロン系抗生物質の比較についてです。 参考文献 Safety and efficacy of levofloxacin versus ciprofloxacin for the treatment of chronic bacterial prostatitis in Chinese patient…

風邪に抗生剤はどれぐらい効果がありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、風邪に対して抗生剤の服用はどれぐらい効果があるか調べた研究についてです。 先日発売された、「ポリファーマシー解決!虎の巻」という本にも取り上げられていた論文です。 まだ、少ししか読んでいませんが、引用文献…

妊婦にメトホルミンを使うと、インスリンと比べてどの程度影響がありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、妊婦に対するメトホルミンとインスリンの比較です。 メトホルミンは、そもそも国内では妊婦に禁忌ではありますが、気になる文献(アブストのみですが)を見つけたので読んでみました。 参考文献 Short- and long-term …

80歳以上の超高齢者では、積極的な降圧療法で脳卒中は防げますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、前回に引き続き、先日のJJCLIPで取り上げられていた論文の1つです。 HYVET試験という有名な研究らしいのです。 80歳を超えるような、超高齢者でも降圧治療を積極的にする必要があるのか?ということで、論文を読んでみ…

高齢者への低用量アスピリン投与で心血管イベントは防げますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、先日のJJCLIPで取り上げられていたJPPPを読んでみました。 高血圧、脂質異常症、糖尿病の60歳以上の高齢者に対して低用量(100mg/day)のアスピリンを追加するのとしないのとで、心血管イベントが防ぐことが出来るか検討…

COPD、喘息患者に対するβアゴニスト使用は心血管イベントに影響を与えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、前回の居酒屋抄読会取り上げた論文の関連論文です。 前回の論文(PMID:26378450)では、COPD患者へのLABA使用は心血管有害事象を増やさないというような内容のものでしたが、今回は増やすといった内容の論文です。 参…

COPD患者に対するLABAの使用は心血管イベントに影響を与えますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、9/24(土)に開催した第3回居酒屋抄読会in梅田で使用した論文に関してです。 もし、当日、または録画配信をご視聴いただいた方がいらしたら、ご視聴ありがとうございました。 当日は、多くの方にご参加、そして多くの…

喘息患者に対するホルモテロール+ブデソニドvsブデソニド単独

ご訪問ありがとうございます。 今回は、喘息患者へのホルモテロール+ブデソニド併用と、ブデソニド単独の比較についてです。 アブストしか読めませんが、読んでみました。 参考文献 Serious Asthma Events with Budesonide plus Formoterol vs. Budesonide …

9/24(土)第3回居酒屋抄読会in梅田配信のご案内

ご訪問ありがとうございます。 9/24(土)の21:00頃から、第3回の居酒屋抄読会を開催し、リアルタイムでツイキャス配信致します。 今回は、大阪の梅田の居酒屋より配信予定です。 いつもと同じく、個室居酒屋でお酒を飲みながら、のんびり、まったり、ゆるー…

COPD患者にはLAMA+LABAとLABA+吸入ステロイドのどちらがいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 また、吸入薬に戻ってまいりました。 今回は、COPD患者にLAMA(長時間作用型抗コリン薬)+LABA(長時間作用型β刺激薬)の組み合わせで維持するのと、LABA+ICS(吸入ステロイド)で維持するのとどちらがいいか検討した文献です…

慢性腎臓病患者は高用量のスタチンによる治療をした方がいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、慢性腎臓病患者に対する厳格なスタチン療法の効果についてです。 参考文献 High-intensity statin therapy in patients with chronic kidney disease:a systematic review and meta-analysis リンク http://www.ncbi.n…

うっ血性心不全患者に対するアゾセミドvsフロセミド

ご訪問ありがとうございます。 今回は、うっ血性心不全患者に対するループ利尿薬同士の比較(アゾセミドvsフロセミド)です。 というのも、本日、在宅施設患者さんで心不全症状のため、利尿薬がアゾセミドからフロセミドへと変更になった症例があったので、…

小児の喘息に対するサルメテロール+フルチカゾンvsフルチカゾン単独

ご訪問ありがとうございます。 今回も、前回に続き喘息関連吸入薬についてです。 参考文献 Safety of Adding Salmeterol to Fluticasone Propionate in Children with Asthma. リンク https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=27579634 PMID:27579634 研…

チオトロピウムレスピマットと、ハンディーヘラーの比較

ご訪問ありがとうございます。 チオトロピウムレスピマットを使用すると、死亡リスクが増えるかもしれないという議論がなされているようですが、この点はどうなんだろうと思い論文を探してみました。 こちらはメーカー主導の研究っぽいので、今後他の論文も…

クロピドグレルに併用するPPIは何がいいですか?

ご訪問ありがとうございます。 個人的な事情により、更新期間が少しあいてしまいました、すみません(´・ω・`) 今回は、クロピドグレルに併用するPPIは何がいいのかについてです。 検索してみると、アスピリンとクロピドグレルを併用したDAPT療法に、PPIを併…

アルツハイマーに使うコリンエステラーゼ阻害剤の心筋梗塞と死亡への影響

ご訪問ありがとうございます。 今回は、アルツハイマー型認知症に用いるコリンエステラーゼ阻害剤の、心筋梗塞発生、死亡リスクへの影響を評価したコホート研究です。 参考文献 The use of cholinesterase inhibitors and the risk of myocardial infarction…

過活動膀胱に用いる抗コリン薬の便秘発現頻度の比較

ご訪問ありがとうございます。 今回は、日常の業務で出会うことも多いであろう、抗コリン薬による便秘の発現に関してです。 全文をフリーで読むことはできませんが、身近なテーマなので読んでみました。 参考文献 Overactive bladder drugs and constipation…

デュタステリドで前立腺癌発症は抑えられますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、5α-還元酵素阻害剤として前立腺肥大症に用いられるデュタステリドの、前立腺癌発症抑制を検討した試験についてです。 現在、国内では前立腺肥大症にしか適応無いですが、確認しておいてもいいかなと思い読んでみました…

DAPT時のオメプラゾール併用は効果に影響ありますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、DAPT時のオメプラゾール併用に関してです。 以前、クロピドグレルへのPPI併用に関するメタ分析を取り上げましたが、今回はアスピリンも併用する、DAPTに対する影響です。 参考文献 Clopidogrel with or without Omepra…

女性に対する低用量アスピリンは、心血管疾患の予防にどれくらい有効ですか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、先日(8/10)ブログで取り上げた、糖尿病患者に対するアスピリンの効果に関するメタ分析に含まれていたRCTのうちの1つを読んでみました。 こちらは、女性を対象とした研究になります。 参考文献 A Randomized Trial of…

ミラベグロン服用でどの程度トイレの回数を減らせますか?

ご訪問ありがとうございます。 今回は、β3受容体アゴニストとして過活動膀胱に対して使われるミラベグロンについてです。 参考文献 Phase III, randomised, double-blind, placebo-controlled study of the β3-adrenoceptor agonist mirabegron, 50 mg once …